トーキョーI

都市計画306号
地理空間情報とビッグデータ活用の可能性
―レジリエントな国土・地域社会の構築

 我々が生きる国土・地域社会には,地震・大雨・台風のような自然災害,地球温暖化などの気象変動,エネルギー資 源の枯渇など様々な攪乱の要素がある。これらの攪乱に対して「しなやかに立ち直れる強さ=レジリエンス」を備えた 国土・地域社会の構築には,その土地や社会が持つ潜在力や復元力を正確に分析・評価する技術が大事になる。その 技術の前提となるのが,昨今の情報通信技術の発達を背景にした地理空間情報やビッグデータのようなエビデンス情 報の活用・分析技術であるという基礎認識に立ち,本特集では,これらを活用した国土・地域計画の可能性について事 例を挙げて紹介するものである。

 特集の構成は,まず,国内の地理空間情報やビッグデータの整備状況を確認した後,社会・環境・経済的な福利に資 する様々な活用例-エネルギー開発,防災・減災,生態系・環境再生などの分野における事例-をあげていくことで,レ ジリエントな国土・地域計画の可能性を広げていきたい。

(担当編集委員:いぇ 京禄)

特集目次

国土地理院の地理空間情報活用の取り組み
 出口 智恵・小野 康・南 秀和・岡村 盛司
ビッグデータと地理空間情報
 浅見 泰司
生物多様性情報の整備と提供
 環境省自然環境局生物多様性センター
地理空間情報を活用した国土政策の展開
 川上 征雄
地理情報システムを用いた再生可能エネルギー導入ポテンシャルの推計
 吉田 諭史・坂東 政典
“災害ビッグデータ”活用の今後
 村上 圭子
山形県エネルギー戦略と再生可能エネルギー活用適地調査
 沼澤 好德・青木 忍
レジリエントな地域社会の形成とグリーンインフラストラクチャーの意義
 木下 剛・いぇ 京禄
災害特性に基づく地理的地域特性区分と活用
 小荒井 衛
周伊勢湾域におけるGISと分子系統学的情報を融合させた生物多様性評価
 南 基泰
GISによる防災情報の発信とオープンデータへの取組―情報資産の活用力を高めよう!―
 杉本 直也
多元的デジタルアーカイブズと記憶のコミュニティ
 渡邉 英徳
帰宅困難者数の推計へのモバイル空間統計の活用
 村上 正浩
1980年における地域計画のビッグデータ(エコロジカル・プランニング)の現代的な意義
-災害の事前予測と復興計画への応用―
 上原 三知
海洋生態系管理と地域計画
 片山 知史