防災・減災

都市計画318号
減災・防災に向けた都市・地域づくり

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災以降,甚大な被害が想定される大規模・広域災害に対する「防災・減災」への事前対策が着目されている。

 さらに,平成23年台風12号土砂災害,平成25年台風26号伊豆大島土石流災害,平成26年8月豪雨土砂災害,平成26年2月豪雪,平成26年 御岳山噴火災害,平成27年口永良部島火山噴火災害,平成27年関東東北大水害といった様々な大規模災害が発生しており,都市・市街地・集落等,各地域に おける多様な災害(マルチハザード)への対応も重要な取組課題となっている。

 本特集では,既往の多様な災害を契機とした防災施策の系譜,三大都市圏における防災都市・地域づくりの取組,さらには全国の先進事例等を紹介する とともに,大規模・広域災害や多様な災害を想定した防災・減災の都市・地域づくりとして,行政・施設管理者・地域が総合的に取り組むべき事前対策のあり方 についても触れている。

 本特集を通じて,限られた財政状況や今後のさらなる少子高齢化を想定し,防災・減災に資する事前対策として,多様な取組があることを,都市・土 木・建築・危機管理・情報等の多様な技術分野における研究者・実務者,地域のキーパーソンだけでなく,これから防災・減災を学ぼうとする学生・若手技術者 の皆様と共有していきたい。

(編集担当:前川 裕介)

特集目次

既往災害と関連する法制度・計画・事業・取組等(主に事前対策)の経緯
既往災害と防災・減災に係る法制度・施策の系譜
 前川 裕介

三大都市圏における大規模災害と防災対策

首都圏を襲う自然災害と備えの基本方向
 中林 一樹
東海地域における防災・減災対策の現状
 福和 伸夫
近畿圏における大規模・広域災害と防災対策
 室崎 益輝

災害リスク評価と防災都市・地域づくり

災害リスク評価と都市づくり施策への反映
 多々納 裕一
大都市における避難・帰宅困難者対策を評価する
 廣井 悠
リスクガバナンスを支える相互運用型情報共有プラットフォーム-防災危機管理の視点から
 長坂 俊成

防災都市・地域づくりの手法

マルチハザードの防災対策と土地利用規制
 牧 紀男
木造住宅密集地域における火災対策「永久水利」
枯渇しない水源「永久水利」を活用した地域住民による消火・送水体制の整備
 小林 弘幸

新潟市国土強靭化地域計画 ~防災・救援首都を目指して~
 斉藤 淑子

[対談]津波防災地域づくりと多様な主体間の施策連携について
~串本町における津波防災地域づくり推進計画策定を踏まえて~
 枠谷 徳彦

災害時の応急復旧活動の円滑化や地域継続のための事前対策

津波防災都市づくりにおける防災拠点機能の確保について
 木内 望
災害時の医療提供体制と病院の役割 -兵庫県南部地震,東日本大震災の教訓から
 小林 健一
大規模災害時の広域連携を目指した体制作りと情報共有環境:
大規模河川氾濫に伴う広域避難実証実験を通して
 鈴木 猛康
大規模災害に備えた緊急支援物資の供給システムの構築
 苦瀬 博仁・渡部 幹
「逃げ出す街」から「逃げ込める街」へ -森ビルの街づくり
 寺田 隆
編集後記
 前川 裕介