中部支部長 挨拶

 公益社団法人日本都市計画学会は、都市計画及び地方計画に関する科学技術の研究発展を図るために1951(昭和26)年に設立され、現在に至るまで70年間の歴史を持つ学会です。中部支部は、本学会の初めての支部として1990(平成2)年に設立され、主な活動範囲は北陸地方(富山県・石川県・福井県)と東海地方(岐阜県・静岡県・愛知県・三重県)であり、首都圏と近畿圏にはさまれた広大なエリアとなっています。この地方は、日本海側と太平洋側、そして内陸側を包括し、多様な風土・歴史・経済・社会条件を持つ個性豊かな都市群から構成されているのが特徴であり、都市計画の解が唯一ではないことを物語っています。 

 2020(令和2)年度には中部支部設立30周年を迎え、様々な記念行事を実施するとともに、『変革社会に対応する新しい都市像 −動き始めた「コンパクト・プラス・ネットワーク」型都市への取り組み−』(中日出版)と題した専門書を刊行しました。この専門書は中部支部の会員と行政担当者が執筆者となり、様々な視点から中部地方における未来の都市像を展望していますので、ぜひご一読頂ければ幸いです。

 現在の日本は変革社会のまっただ中にあり、前世紀からの成長する都市の時代から大きく転換することが求められ、すでに各地で新しい取り組みが動き始めています。そして現在は新型コロナウィルス感染症が拡大し、国による緊急事態宣言の発表、都道府県をまたぐ移動の制限、全国の学校の一斉休校、商業施設に対する休業要請、在宅勤務の急速な普及といった過去に経験したことのない社会生活を経験することとなりました。このような状況の中で、都市空間における群集行動と適切な密度、デジタル時代における新しいコミュニケーション手法、緊急時における迅速な危機管理の在り方等について、改めて考え直す機会となりました。

 将来の超高齢社会や南海トラフ巨大地震等に備え、持続可能性を有する都市をデザインしていくために、これからも積極的に中部支部による活動を展開し、会員のみならず広く地域社会に成果を還元できるように尽力していきたいと考えています。中部支部の活動をより一層活性化させていくために、多くの皆様のご協力とご指導を頂ければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。

中部支部長 浅野 聡