HOME支部活動 > 研究分科会内規

 



(社)日本都市計画学会九州支部 研究分科会内規


第1条
(目的)研究分科会の目的は,日本都市計画学会九州支部における研究活動のより一層の充実を図り,会員相互の情報交換の場を提供するとともに学術上あるいは社会的に必要な課題に対する研究の誘発を行うものとする。
第2条 (研究分科会の種別と報告)研究分科会は,研究分科会(A)と研究分科会(B)の2種類とする。各々の研究分科会は年数回,適宜開催するものとし,研究会分科会終了時に、研究分科会(A)はシンポジウムまたは報告会を開催し,研究成果を発表する。研究分科会(B)は九州支部事務局に研究報告を提出する。また,各々の研究分科会は、その研究活動を適宜、支部ニュースに報告する義務を負う。
第3条 (組織)会員及び賛助会員を中心に参加者を募り,その会員及び賛助会員の中から研究分科会の役員として,1名の幹事(研究分科会幹事という)をおく。
第4条 (研究分科会幹事の選任及び任期)研究分科会幹事の選任は,研究分科会を構成する会員の互選とする。
2.任期は原則として研究分科会解散時までとする。
第5条 (研究分科会幹事の職務)研究分科会幹事は,研究分科会におけるとりまとめを行うとともに,研究分科会活動支援資金管理などの会務を掌理する。
第6条 (研究分科会の支部幹事への就任)研究分科会の活動に際しては,研究分科会幹事ないしはこれに準ずる者は1名以上支部幹事への就任を義務とし,支部幹事会において適宜活動報告を行うこととする。
第7条 (経費)研究分科会(A)の経費は日本都市計画学会九州支部からの研究分科会支援資金をもって支弁し,毎年度ごとに決算報告をするものとする。
第8条 (研究分科会支援資金の使用・範囲)研究分科会(A)支援資金の使用範囲は通信費,事務費,会議費などとし,1研究分科会(A)につき年間10万円を上限とする。

平成14年4月19日 一部改正
平成16年7月26日 一部改正