委員会

第3回国際交流セミナー開催のご案内

中国の対外援助動向:都市・交通インフラ開発を中心に

講師:北野 尚宏 氏(早稲田大学 理工学術院国際理工学センター 教授)

 中国は、対外援助を南の国が同じ南の国を支援する南南協力として位置づけ、先進国の政府開発援助(ODA)とは一線を画してきました。近年では「一帯一路」構想を掲げ、対外援助以外の金融ツールなども動員し、多くの途上国で自国の国有建設企業による大規模な都市・交通インフラ開発を推進しています。一方で、途上国側の債務持続性などの課題に直面しています。

 本講演では、早稲田大学の北野教授から中国の対外援助動向について、特に都市・交通インフラ開発に焦点を当て、個別事例も交えながらご紹介頂きます。

 是非、ご参加ください。


2020年3月3日[火]18:00~20:00(開場は17:45)

公益社団法人日本都市計画学会 事務局会議室
(東京都千代田区一番町10一番町ウエストビル6F

■主 催:日本都市計画学会 国際委員会
■参加費:無料
■言 語:日本語
■定 員:25 名(先着順)
■お申し込み方法:
 参加をご希望される方は、1)お名前、2)ご所属、3)ご連絡先(E-mail、電話番号)を記載の上、E-mailにてお申込みください。
■お申込み・お問い合わせ先:
 日本都市計画学会 国際委員会
 TEL 03-3261-5407/E-Mail apps2019[at]cpij.or.jp
 [at]は@に置き換えて下さい。

【会場案内】

大きな地図で見る

東京メトロ 半蔵門線 半蔵門駅(5番出口)、有楽町線 麹町駅(3番出口)より徒歩5分


[講師プロフィール]

北野 尚宏(きたの なおひろ)
早稲田大学理工学術院国際理工学センター教授。コーネル大学大学院博士課程修了(Ph.D. 都市地域計画)。1983年海外経済協力基金採用、北京駐在員、京都大学大学院経済学研究科助教授、国際協力銀行開発第二部長、独立行政法人国際協力機構(JICA)東・中央アジア部長、JICA研究所副所長、所長などを経て2018年より現職。JICA研究所客員研究員(2018年-)、京都大学大学院経済学研究科附属プロジェクトセンターシニアリサーチフェロー(2010年-)、創価大学理工学部非常勤講師(2010年-)、東京大学公共政策大学院非常勤講師(2019年-)。
研究分野は都市地域計画、開発協力、中国の対外援助。論文には「中国のアフリカ進出の現状と課題 : 中国・アフリカ協力フォーラム(FOCAC)を中心に」(国際問題第682号、国際問題研究所、2019年)、"Analysis of Spatial Organization and Transportation Demand in an Expanding Urban Area: Sendai, Japan,1972-92." In Yussuf, S., S. Evenett and W. Wu (eds). Facets of Globalization: International and Local Dimension of Development. World Bank. (2001)などがある。
2012年モンゴル国ナイラムダルメダル(友好勲章)受章。

委員会