委員会

学会誌案内

335号|スマートシティの到達点とこれから

都市計画2015

 世界的には広く論じられまた実践されているテーマであるスマートシティだが,日本での普及度はもう一歩である。IoTをエネルギーや各種インフラの管理に用い,生活の質やサービスの向上,そしてエネルギー使用の効率化を実現できる都市を創出するというスマートシティの方法論と目標は壮大なものであるが,実際の取り組みは都市の将来像をイメージしながらそれぞれに適した方法を選択し活用するというかたちとなり,広汎な活動がスマートシティの範疇に含まれる。欧米やアジアの多くの国々でスマートシティ政策が進められている一方で,こうした概念の活用が日本ではまだ発想として根づいておらず,エネルギー事業や都市開発などの事例がいくつか見られる程度に留まっている。

 しかしMaaS(Mobility as a Service)というキーワードで交通分野におけるビッグデータの活用が欧米で大きな関心事となっていることから日本企業もこの流れに乗るところが増えつつある。今後,自動運転のような技術開発をきっかけとしてスマートシティに関わる議論が国民的な盛り上がりを見せる可能性もある。

 そこで本特集では,スマートシティに関する総論およびこれまでの経緯についてまとめるとともに,交通,エネルギー,IoTの各分野における取り組み事例を取り上げることとする。スマートシティの考え方を取り入れたまちづくりの実践のために必要なことは何か,またこれまでの取り組みで得られた知見とは何か。様々な観点から,スマートシティが目指す都市像や今後の施策の可能性について考える一助となる特集としたい。

(担当編集委員:板谷 和也)

目次

地図の中の風景

「正式図」に見る鳥取
 西村 幸夫


支部トピックス


特集:スマートシティの到達点とこれから

【総論】

スマートシティ施策の現状と今後の展開-スマートシティから"Society 5.0" へ
 出口 敦

スマートシティとコンパクトシティ
 谷口 守

スマートグロースとスマートシティ
 小泉 秀樹

都市の全体最適を図る持続可能なスマートシティの構築に向けて
-スマートシティの実現に向けて【中間とりまとめ】の策定
 関 信郎

【座談会】

スマートシティの潮流とこれから
 松橋 啓介×中島 直人×村山 顕人×福山 祥代×森本 章倫

【スマートシティとモビリティ】

Future Mobilityを実現するスマートシティ
 古谷 知之

自動運転の到達点と課題
 鎌田 実

MaaSとスマートシティ
 牧村 和彦

公共交通オープンデータの促進と活用-世界と日本における現状
 伊藤 昌毅

【スマートシティとエネルギー政策】

スマートシティ実現に資する地域エネルギーシステムのあり方 
-地域熱供給を基盤とした自立分散型・地産地消のエネルギーシステム
 佐土原 聡

スマートシティ実現のためのエネルギー政策と都市計画の連動
 村木 美貴

スマートシティに資する建物・都市のエネルギーシステム-AI活用の期待
 大岡 龍三

ゼロ・エネルギービル/ハウス
 田辺 新一

スマートグリッドの到達点とスマートシティにおける役割
 浅野 浩志

エネルギーを上手く活用したまちづくり
 那須原 和良

地産地消のエネルギー活用によるまちづくりと自立・分散型システムの導入について
 磯部 達

【スマートシティ実現に向けたIoT施策】

IoTによるスマートシティの実現に向けて
 河口 信夫

ビッグデータとAIの活用によるエリアマネジメント実証実験
-三宮地下街「さんちか」におけるエリアマネジメント高度化の取り組み
 鈴木 義康

【各都市の取り組み】

スマートシティへの胎動-YSCP(横浜スマートシティプロジェクト)の考え方と実際
 信時 正人

柏の葉スマートシティにおけるエリアエネルギー管理システム(AEMS)の導入
 戸辺 昭彦・長井 卓也

SMA×ECO CITY(スマ・エコ シティ)つくば研究学園
-大規模戸建住宅団地におけるZETを目指したまちづくりと今後の課題
 柳生 直彦・松榮 寛

ストラスブールにおけるスマートシティへの取り組み-「Eco2030 計画」の取り組みを中心に
 南 聡一郎

【編集後記】板谷 和也


大会へ行こう!

③阪大・吹田キャンパスへようこそ
 澤木 昌典


国際協力の都市計画

BRTと鉄道のコラボレーションを目指して 
-タンザニア国ダルエスサラーム市の都市交通マスタープランの交通戦略
 中世古 篤之


書籍探訪・新刊レビュー|総務・企画委員会


学会ニュース


学会誌の購入方法

上記以前のバックナンバー

委員会