委員会委員会

委員長挨拶

表彰委員長 就任のご挨拶

表彰委員長 吉川 徹(東京都立大学 教授)

 松谷春敏前委員長の後任として、表彰委員会委員長を仰せつかりました吉川徹です。どうぞよろしくお願いいたします。

 表彰委員会は、本会の表彰制度である、「日本都市計画学会賞」と「特別功労表彰」の受賞者を選考し、さらに名誉会員を推薦する役割を担っています。ただし、「日本都市計画学会賞」のうち「年間優秀論文賞」は、学術委員会が所管しています。

 「日本都市計画学会賞」は、都市計画に関する学術及び技術の進歩に貢献したと認められる研究・調査・計画などに授与されるもので、1960年の第1回「石川賞」に始まり、現在は、「石川賞」および「同奨励賞」、「論文賞」および「同奨励賞」、「計画設計賞」および「同奨励賞」、「年間優秀論文賞」からなります。これらのうち表彰委員会では、「年間優秀論文賞」以外の受賞者を、会員からの推薦(自薦を含む。)により応募されたものから選考し、理事会で決定します。

 また、「特別功労表彰」は2001年の学会創設50周年事業を契機として設けられたものですが、都市計画の進歩・発展に寄与したと認められる者(個人)を対象とした「功績賞」と、都市計画に関する国際的交流に貢献したと認められる者(個人)を対象とした「国際交流賞」からなり、理事・監事および会長アドバイザリー会議メンバーからの推薦を受けて表彰委員会で選考し、理事会で決定します。

 大学に籍を置き、学術委員会などで教育研究を中心として学会活動を行ってきた私が表彰委員会委員長を務めるのは、特に計画設計賞を始めとした計画、設計、事業の選考などにおいて、少々荷が重く感じられます。しかし、私の教育研究活動の長年の拠り所である本会への精一杯の恩返しと思い、委員長をお引き受けしました。委員長の役割は、会員各位からの熱烈なご推薦と、実務から教育研究に至る経験豊かな表彰委員会委員各位の厳正かつ多角的な評価を、揺るぎない基礎として、的確かつ公正な選考作業の取りまとめを図ることと心得て、務めを果たして参りたいと思っております。

 委員会の運営にあたっては、長年にわたり培われた本会の表彰規定類を遵守することはもちろんのこと、実務から教育研究まで幅広くカバーする当学会の表彰制度にふさわしい運営を図って参りたいと考えております。また、当学会の表彰制度が、都市計画の明日を担う人材の登竜門でもあることを胆に銘じ、長期的視野に立った運営を心がける所存です。

 このため何より重要なことは、各賞候補が幅広く、また偏りなく積極的に推薦されることであると存じます。会員の皆様からの推薦や様々な情報を、引き続き表彰委員会にお寄せいただきますよう、心よりお願いする次第です。

 本会の表彰制度がこれまで諸先輩方が築き上げてこられた伝統を受け継ぎながら、さらに意義深いものへ発展するように、会員の皆様のご理解とご協力を賜りながら表彰委員会の滞りない運営に努めて参る所存でございますので、何卒ご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

(2020年7月30日公開)

委員会

委員会