委員会

第144回まちづくり懇話会開催のご案内

スマートシティのこれから

 今、全国各地において、スマートシティの取組みが進められつつあります。IoT、AIなどの新技術やビッグデータをはじめとする各種データを活用することで、分野横断的に直面する都市課題を解決し、快適で安全、安心な暮らしを送ることのできる都市=スマートシティの実現に向けては、政府においても、「Society5.0」(超スマート社会)時代におけるまちづくりの基本コンセプトとして、各府省の連携のもと、その推進が図られているところです。

 今回のまちづくり懇談会では、スマートシティモデル事業を推進するとともに、8月に設立されたスマートシティ官民連携プラットフォームの事務局を担う国土交通省都市局から、徳永技術審議官を講師としてお迎えします。

 政府として、どのような背景、認識でスマートシティに取り組んでいるのか、そのアウトラインに触れつつ、スマートシティのコンセプトや各地における具体的プロジェクトの概要などについて、スマートプランニングの取組みを含めお話をいただきます。スマートシティの具体化を図る上での都市計画の役割や関わり、スマートプランニングの近未来像などについて考える機会にしたいと思います。

 ぜひご参加ください。

image-smartcity.jpg【スマートシティの概念図】

144-tokunaga.jpg

徳永 幸久 / Yukihisa Tokunaga


国土交通省 大臣官房 技術審議官(都市局担当)

1961年生まれ。1983年東京大学工学部都市工学科卒業後、建設省(現国土交通省)に入省。2015年より独立行政法人都市再生機構理事、2017年より国土交通省都市局市街地整備課長を歴任の後、2018年より現職。


2019年10月9日[水]18:30~20:30(開場は18:10)

大手門タワー・JXビル1階「3×3 Lab Future」(東京都千代田区大手町1-1-2)

■主 催:公益社団法人 日本都市計画学会
■参加費:一般3,000 円/ 学生1,000 円(当日受領)
■定 員:80 名(先着順)
■お申し込み方法:
 定員に達しましたので、参加申し込みを終了しました。
■お問い合わせ:
 日本都市計画学会 まちづくり懇話会係
 TEL 03-3261-5407/E-Mail cpij-conwakai[at]cpij.or.jp
 [at]は@に置き換えて下さい。

【会場案内】

map_lf.png

東京メトロ東西線・千代田線・半蔵門線・丸ノ内線・都営三田線
「大手町駅」(C10出口)より徒歩約2分
「3×3 Lab Future」のご紹介

委員会