委員会

第38回現地見学会開催のご案内

東京2020大会に向け変貌する湾岸エリア

― 選手村と環状2号線

 東京2020大会のメインゾーンに位置付けられている東京ベイエリアでは、競技会場の整備と並行し、選手村とそれらを繋ぐ幹線である環状2号線、さらに選手の主要な移動手段となるBRTの整備・構想が進んでいます。

 選手村は中央区晴海に計画されており、市街地再開発事業における特定建築者制度を導入し、民間事業者の活力や開発ノウハウを活用して整備が進められています。

 大会後は、「都心に近接し、海が前面に開かれ緑につつまれた空間において、多様な人々が交流するまち」をコンセプトに、「HARUMI FLAG」に生まれ変わります。

 「HARUMI FLAG」は、5,632 戸の分譲住宅・賃貸住宅と商業施設を含めた24 棟からなり、保育施設やシニア住宅などを取り入れ、人口約12,000人となる計画です。

 今回の見学会では、東京2020大会に向け変貌する湾岸エリアの現状視察として、①環状2号線、②BRT、③選手村、④HARUMI FLAG を①~③は東京都に、④は三井不動産レジデンシャルからご説明頂きます。また、見学会の最後に⑤都心部ジオラマ をUR都市機構にご案内いただく予定です。

 皆様のご参加をお待ちしております。


  • 日  時
2019年6月12日(水)14:30~17:00
  • 集合場所

銀座6丁目スクエア(三井不動産オフィス)7階・N4会議室

(中央区銀座6丁目17番1号)

  • 行  程

14時15分~ 集合・受付

14時30分~ 環状2号線・BRTの事業概要説明

 ↓バスで移動

15時00分~ HARUMI FLAGにて選手村事業概要説明・モデルルーム見学

 ↓バスで以降

16時05分~ 晴海客船ターミナルより選手村工事現場を俯瞰・周辺まちづくりの説明

 ↓バスで移動

16時30分~ 晴海アイランドトリトンスクエアにてジオラマの見学

~17時00分 現地にて解散

*当日の天候や工事の進捗等によって、視察先が変更になる可能性があります。

  • 定  員
20名(お申込み多数の場合は抽選)
  • 参 加 費

2,000円(保険料含む)※参加費は、当日受領致します。

  • 申込方法
参加申し込みは終了しました。定員を上回る応募があったので、抽選にて、参加者を決定させて頂きます。
  • 問合わせ

公益社団法人日本都市計画学会 見学会係
TEL. 03-3261-5407/E-Mail. kengakukai38[at]cpij.or.jp
[at]は@に置き換えて下さい。

委員会