お知らせ

2017.11.24

オープンシンポジウム開催のご案内

海外における都市開発事業の現状と課題及び今後の展開方策

 公益社団法人日本都市計画学会では、平成28年8月より「アジア新興国における我が国の都市開発進出方策研究会」(座長:岸井隆幸教授/日本大学)を立ち上げ、活動をしています。

 アジア新興国・途上国の都市開発に進出するにあたっては、我が国の都市開発のノウハウを結集して産官学が連携して取り組むことが必要です。そのため、研究会では、アジア等新興国・途上国の経済成長に貢献するための方策、および日本の都市計画・建設コンサルタントの果たす役割等について研究を進めています。

 この度、研究会の活動の一環として、新興国・途上国の都市開発事業の現状・課題及び国内関係機関の対応状況などを踏まえ、利用可能な本邦都市開発手法を多方面から議論するために、中心的に関わっておられる産官学の関係者によるシンポジウムを開催致します。

 皆様のご参加をお待ちしております。


日 時:2018年1月10日(水)13:00~17:00(受付は12:30~)

会 場:日本工営株式会社九段オフィス 大会議室(中庭棟4階)
     (東京都千代田区九段北1-14-6
)【アクセス

■主 催 公益社団法人日本都市計画学会 アジア新興国における我が国の都市開発進出方策研究会
■プログラム

13:00 開会
13:00 開会挨拶
     岸井隆幸(日本大学 教授)
13:05 基調講演「アジア新興国の都市開発の変遷と日本の役割」
     瀬田史彦(東京大学 准教授)

13:45 基調報告「(仮)本邦都市開発の海外進出支援」
     廣瀬隆正(国土交通省 大臣官房技術審議官(都市局担当))

   <<< 休憩10分 >>>

14:25 事例報告「(仮)都市開発分野における今後の支援」
     三條明仁(独立行政法人国際協力機構 社会基盤・平和構築部)

14:40 事例報告「(仮)海外での都市開発事業の動向と課題」
     三菱商事株式会社

14:55 事例報告「(仮)新興国における都市開発事業の取り組みと課題」
     氏家寿之(日本工営(株)交通・都市事業部 事業部長)

  <<< 休憩10分 >>>

15:20 パネルディスカッション
     モデレーター:岸井隆幸(日本大学 教授)
     パネラー:氏家寿之、三條明仁、瀬田史彦、廣瀬隆正、三菱商事

16:50 閉会挨拶
    中井検裕(東京工業大学 教授)
    作中秀行(日本工営株式会社取締役執行役員)

17:00 閉会

※やむを得ない事由により、講師・内容等が変更になる場合がございます。

■参加費

一般 1,000 / 学生 無料(当日受領)

■定 員

100 名(先着順)

■申込方法

参加をご希望される方は、【参加申し込みフォーム】より必要事項をご記入の上、お申込み下さい。

■お問い合わせ

日本都市計画学会 オープンシンポジウム係
nksympo[at]cpij.or.jp
※[at]は@に置き換えて下さい。

お知らせ