委員会

地理総合必修化に向けた「日本都市計画学会の取り組み」に関する資料のご案内

地理総合必修化に向けた「都市計画学会の取り組み」に関する資料のご案内
日本都市計画学会 総務・企画委員会

●背景
高校の地理総合で「持続可能な地域づくりと私たち」が2022年度から新学習指導要領により必修になります。
その教育内容としては、「自然環境と防災」、「生活圏の調査と地域の展望」があり、特に「生活圏の調査」は主題例として、買い物弱者の問題、住宅団地の空洞化等が取り上げられているように、まちづくりに関する内容になっています。

●ご覧いただける資料
総務・企画委員会では、高校での教育現場をサポートするための取り組みを検討し、2019年11月10日の都市計画学会全国大会でワークショップ(WS)を開催いたしました。
ここでは、2022年度から高校で必修となる「地理総合」のねらいと内容、都市計画に与える影響、高校における実践状況、大学における協力の可能性、都市計画学会として取り組む方向性を報告し、高校における「持続可能な地域づくり」の学習への支援のあり方、都市計画の専門家の果たす役割について、意見交換をしました。
その資料を公開いたします。

●ご意見の募集について
今後の都市計画分野にも大きく関係する「地理総合」とその教育支援について、来年度以降ワークグループを設けて支援を本格化する予定です。
ぜひ、ご意見をお寄せください。あわせて、ご協力をいただける方はぜひご連絡をお願いいたします。

[総務・企画委員会 連絡先アドレス]
geo@cpij.or.jp


日本都市計画学会 第2回全国大会 ワークショップ

日時:令和元年11月10日(日) 15:30~17:30
会場:横浜市開港記念館1階講堂 

「持続可能な地域づくり」の学習をどう支援するか
-高校での地理総合の必修化と都市計画専門家の役割-
主催:日本都市計画学会 総務・企画委員会

2022年度から新学習指導要領より高校で「地理総合」が必修となり、その教育内容として、「持続可能な地域づくりと私たち(自然環境と防災、生活圏の調査と地域の展望)」が取り上げられ、生活圏の調査の主題例として、買い物弱者の問題、住宅団地の空洞化等が解説で示されている。このWSでは、地理総合のねらいと内容、都市計画に与える影響、高校における実践状況、大学における協力の可能性を報告いただき、高校における「持続可能な地域づくり」の学習への支援のあり方、都市計画の専門家の果たす役割、都市計画学会として取り組む方向性、について意見交換したい。

プログラム

司会:総務・企画委員会委員長(工学院大学教授)篠沢健太氏
1.基調講演
・地理総合とは何か? → [資料]
~「持続可能な地域づくりと私たち」の関わりを、全ての高校生が考える科目~
[文部科学省 初等中等教育局 視学官 濵野清氏]
2.話題提供
・地理総合必修化が都市計画に与える影響 → [資料]
 [慶應義塾大学 経済学部 非常勤講師 大島英幹氏]
・高校「地理総合」における生活圏学習の取り組みと課題 → [資料]
  [専修大学松戸高等学校 教諭 泉貴久氏]
・大学の都市計画教育と地理総合の将来-大学が高校に協力する意味- → [資料]
[弘前大学教育学部 教授 北原啓司氏]
・都市計画学会としての取り組むべき方向性 → [資料]
[総務・企画委員会副委員長(国土交通省地方振興課長)菊池雅彦氏]
3.パネルディスカッション
 コーディネータ:総務・企画委員会委員長(工学院大学)篠沢健太氏
 パネラー:上記登壇者

委員会