委員会

委員長挨拶

表彰委員会委員長就任ご挨拶

 表彰委員会委員長につきまして、河島均氏の後任を拝命しました齋藤でございます。学会理事という重責に押しつぶされそうになっている折りに、前学会長の中井検裕氏より着任を要請されて途方にくれたところ、しばらくおいてから、ついでながら表彰委員長は学会副会長と兼務になっているのでよろしくと満面の笑みにて伝えられ、思考停止状態に陥りました。その状態からまだ脱却できておりませんので、このご挨拶も、ほとんどが河島前委員長の名文の引き写しとならざるを得なかったという事情を、勝手ながらお察し願いたく存じます。

 さて、表彰委員会は、本会の二つの表彰制度である「日本都市計画学会賞」と「特別功労表彰」の受賞者を選考する役割を担っております(「年間優秀論文賞」は学術委員会所管)。

 「日本都市計画学会賞」は、都市計画に関し顕著な貢献をしたと認められる研究及び業績を成した者に対し授与される賞で、1960年の第1回「石川賞」に始まり、こんにちに至るまで「石川賞」および「同奨励賞」、「論文賞」および「同奨励賞」、「計画設計賞」および「同奨励賞」へと授賞枠を拡大してきております。いずれも会員諸氏からの推薦(自薦を含む)を踏まえた応募手続きを経て、表彰委員会学会賞選考分科会にて授賞対象を選考し、理事会にて決定することになっております。

 また、「特別功労表彰」は2001年の学会創設50周年事業を契機として設けられた授賞制度でございます。これは、都市計画の進歩・発展に寄与したと認められる者(個人)を対象とした「功績賞」と、都市計画に関する国際的交流に貢献したと認められる者(個人)を対象とした「国際交流賞」からなり、理事・監事および会長アドバイザリー会議委員からの推薦を受けて表彰委員会で選考し、理事会にて決定することになっています。

 分科会の委員諸氏の選考作業の円滑な推進とその取りまとめこそ表彰委員長の役割であると心得、謙虚に務めを果たしていくようにと、河島前委員長より厳しく仰せつかっております。委員会運営もかくのごとし。長年にわたり培われた本会の表彰規定を遵守し、公正かつ厳格な選考に努めることはもちろんのこと、学術研究から都市計画実務まで幅広い視点から当学会の表彰制度にふさわしい運営を図るようにと、手を握るようにして言い渡されました。

 申すまでもなく、わたくしもその精神を受け継いで任を全うする所存ですので、会員の皆様の積極的なご推薦、ご応募をお待ち申し上げております。  なにとぞよろしくお願い申し上げます。

表彰委員長(東京工業大学 教授)齋藤 潮

委員会