委員会

委員長挨拶

表彰委員会委員長就任ご挨拶

 

 今年度より,斉藤前委員長の後任を仰せつかり,表彰委員会委員長を務めさせていただくことになった学会副会長の松谷です。どうぞよろしくお願いいたします。
 表彰委員会は,本会の二つの表彰制度である「日本都市計画学会賞」と「特別功労表彰」の受賞者を選考する役割を担っています。(「年間優秀論文賞」は学術委員会が所管しています。)
 「日本都市計画学会賞」は,都市計画に関する学術及び技術の進歩に貢献したと認められる研究・調査・計画などに授与されるもので,1960年の第1回「石川賞」に始まり,現在は,「石川賞」および「同奨励賞」,「論文賞」および「同奨励賞」,「計画設計賞」および「同奨励賞」からなり,これらは会員からの推薦(自薦を含む。)により応募されたものを表彰委員会で選考し,理事会で決定することになっています。
 また,「特別功労表彰」は2001年の学会創設50周年事業を契機として設けられたものですが,都市計画の進歩・発展に寄与したと認められる者(個人)を対象とした「功績賞」と,都市計画に関する国際的交流に貢献したと認められる者(個人)を対象とした「国際交流賞」からなり,理事・監事および会長アドバイザリー会議委員からの推薦を受けて表彰委員会(特別功労表彰選考分科会)で選考し,理事会で決定することになっています。
 国土交通省都市局などで行政都市プランナーとして活動してきた私が表彰委員会委員長を務めるのは,正直申し上げて少々荷が重く感じられますが,私自身が立案に携わった「歴史的地区環境整備街路事業」と「阪神・淡路大震災復興基本計画」で石川賞をいただいたことへのご奉公と思い,委員長をお受けしました。委員長の役割は,委員会及び分科会の経験豊かな委員各位の評価をベースとして,適切かつ的確な選考作業の取りまとめを図ることと心得,務めを果たして参りたいと思っております。
 委員会の運営にあたっては,長年にわたり培われた本会の表彰規定を遵守し,公正かつ厳格な選考に努めることはもちろんのこと,学術研究から都市計画実務までをカバーする当学会の表彰制度にふさわしい運営を図って参りたいと考えております。
 このため何より重要なことは,各賞候補が幅広くまた偏りなく積極的に応募されることであると考えており,会員の皆様からの推薦や色々な情報を,これまでにも増して表彰委員会にお寄せいただきますよう,切に願うところであります。
 本会の表彰制度がこれまでの伝統を受け継ぎ,より意義深いものとなるよう,会員の皆様のご指導・ご支援を賜りながら表彰委員会の適切な運営に努めて参る所存でございますので,何卒ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

表彰委員長 松谷春敏

委員会