委員会

都市計画法50年・100年企画特別委員会について

企画趣旨
 都市計画法制度関連時流として、平成30年は新都市計画法が制定されて50年及び平成31年は旧都市計画法が制定されて100年という大きな節目が到来します。関係する省庁及び協会等においても行事が企画されていますが、本学会においても、都市計画制度の50年・100年の歴史を振り返るとともに、社会経済情勢の変化に対応した都市計画制度の新たな役割を展望することにより、同法の課題や抜本改正等についての議論の契機を創出し、都市計画のさらなる発展と学術交流を一層深めることを目的として事業を実施します。
 本学会においては、昭和63年に近代都市計画法制である東京市区改正条例施行100年にあたり、「近代都市計画の百年と21世紀の展望」と題し国際シンポジウムを企画・開催いたしました。また、11月に「近代都市計画の百年とその未来(Centenary of Modern City Planning and Its Perspective)」を刊行し、都市計画に携わる人々にとって有益な資料集となりました。
 今回の事業の実施に当たっては、特別委員会にて企画案を検討し、部会における活動を適切に開始できるよう平成28年度より準備を進めてきました。部会の活動については、本会ウェブページおよび例年開催の全国大会においてを行うことも考えおります。
(A)計画理念の変遷及び都市計画遺産の検証
  ...オーラルヒストリー・アーカイブスプレースの開催
(B)新しい教材の提供及び情報発信
  ...分野横断的なテーマの議論・トピックの提案と整理・若手交流
(C)シンポジウム開催により広く関心を深める
  ...記念シンポジウムの企画・推進
 平成28年度には、先輩プランナーの話を拝聴するサロンを開催した(全7回)。平成29年度には、都市交通調査50周年企画を東京及び広島にて開催した。平成30年度は、新都市計画法50年記念のシンポジウムを全国大会時に開催し、平成31年度は、都市計画法の理念と法制度の関係を読み解くシンポジウムと全国大会時に旧都市計画法100年記念シンポジウムを開催する予定であります。

委員会